スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H21.6.29 事務局会議録

2009年07月08日 06:40

ひろしま創発塾 事務局会議録

開催日時 平成21年6月29日(月) 19:30~22:30
開催場所 瀬戸内海「庄や」 胡町店
出席者(以下敬称略) 安岡、東、浜中、平野、茂田、篠原

議題1 ブログについて
 課 題:ブログ更新における運用基準を定める必要がある。
 意 見:個人的な意見を載せないように。
      政治性を帯びないこと。
      実際にブログ更新ができるのは現在4名のみ。(茂田、中船津、篠原、安岡)
 対応案:ブログ管理者が運用基準案を策定し、会員に提示する。

議題2 メーリングリストの整理
 課 題:メーリングリストのメンバー約50名のうち、未加入者が約15名いる。
 意 見:メーリングリストは会員専用にしたい。
      会員になることのメリットが必要。
 対応案:代表が非会員に対して再度の勧誘を行い、未加入のメンバーはメーリングリストから
      登録抹消とする。
      会員には名刺もしくはブログURL記載のカード30枚(事務局で作成)を提供する。

議題3 事務局の運営について
 課 題:新たな業務は増える中、何をどこまでやるべきか掴み難い。
      定例的な会議がないため、事務局提案から代表による決定が、属人的な決定
      ルートとなり曖昧さがある。
      日常の事務作業まで代表の負担が大きい。
 対応案:代表や副代表など役員との定期的な話し合いの場を設定してはどうか。
 意 見:役員はそれぞれ忙しいので日程調整がなかなか難しい。
      定例化すると、会議に対するモチベーションが下がる恐れがある。
      現在でも、役員同士の携帯メールによるメーリングリストを使っている。
 対応案:通常の運営は今まで通り携帯メールによるメーリングリストで行うが、集中的に
      議論する必要がある場合や細かいニュアンスを伝える場合など、直接会う必要
      がある場合に、会議を開催する。ただし、年に最低2~4回は会議を開催する
      こととする。
      また、篠原を事務局員として追加任命する。主に議事録作成とブログ更新。

議題4 模擬議会とデリバレイティブポール【討議型意識調査】について
 課 題:模擬議会のテーマをどのように設定するか。
 意 見:模擬議会の目的は?
      模擬議会で議決された議題が、議員の政策提言に実際に採用できるような、
      シンクタンク的な場にしたい。
      それならデリバレイティブポールを行ってはどうか(茂田提案)。
      ※デリバレイティブポール…ある課題に対する解決策が複数ある場合、まず
      参加者に対してどの解決策がよいか投票してもらう。その後、その課題に関する
      知識や問題点を参加者に学習してもらい、徹底的に討論し、その課題に対する
      知識が深まったあとで、再度投票してもらう。その結果、より効果の高い解決策が
      採択されるとともに、参加者には、解決策を安易に決定するのではなく、深く検討
      することが大事だと認識してもらう手法。
 対応案:まず会員のみでデリバレイティブポールを行い、その結果を模擬議会のテーマに
      する。
      テーマについては、ひろしま創発塾に福祉関連の理事(森本、東、丸山)が多い
      ため、福祉関連のテーマとする。

   ※以上の対応案は、今回の会議に欠席の役員事務局の意見をきいて決定とする。

                                 ひろしま創発塾事務局(篠原) 作成 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hsouhatsu.blog78.fc2.com/tb.php/9-67f502aa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。